企業名  前川造船(株)
 住所  〒656-0332 兵庫県三原郡南あわじ市湊1129
 電話/ファックス  0799-36-4488  0799-36-4899
 E-MAIL  mae-ken@sannet.ne.jp
 代表者名  前川榮次
 営業種目  鋼船 アルミ船
 取扱船種  貨物船 タンカー 旅客船 漁船 作業船 舟艇 タグボート 雑船 他
 船台等明細  引 53.5×10.0(Lm×Bm) 引 48.0×7.0(Lm×Bm)
 許可造船所設備能力表  総トン数:499 長さ:53.5 幅:10.0 主要寸法:(53.5+43.8)×10.0
 備考  造船法の設備有
絶えず新技術の開発をめざして

 わが社のある南あわじ市は、淡路島の西南端に位置し、冬季は荒海の播麿灘に面し、遠く家島群島、小豆島、はた又、科学技術の粋を結集した大鳴門橋を望んでいる。社のすぐ北側からは、数万本の淡路黒松が多いしげる白砂青松の慶野松原国立公園があり、西日本では「天の橋立」につぐ景勝を誇っている。
 更にその北にある五色浜は1790年(寛政2年)樺太への「日本海航路」の開発に成功した豪商、高田屋嘉兵衛の出身地である。嘉兵衛がその航路に投入したのは、北前船で有名な辰悦丸(1500石積み)であるが、当時、地元にそうした有力船主がいたので、造船技術についてはかなりの素地が養われたのではないかと思われる。
 又、当地は、1300年の歴史を持つ瓦製造業が全国三大産地の一つでもあり、古くから製品の運搬船が地場で必要とされていたかも知れない。
 そんなことで、戦後間もなく先代が造船業を始め今日に及んでいる。得意の船種は、曳船、長尺物が運べる貨物船等であるが軽構造船にも目を向けている。
 兵庫県小船工が、企画した「BEST SHIP IN HYOGO」では、当社で建造した第二明徳丸がBEST SHIPに輝き、関係機関に大いに感謝している。又、平成4年12月、小規模造船所では珍しいCAD造船現図システムを導入し、すでに80隻をこえる実績を持っている。絶えず、新技術の開発をめざして、社員一同、一丸となって日夜努力精進しているのが現状である。
 
写真をクリックすると拡大表示されます。ブラウザの戻るボタンで閉じてください。